MENU

高額な教材の抱き合わせ販売

家庭教師を選ぶときに気を付けなければいけないのは
高額な教材の抱き合わせ販売をしている業者は絶対に選ばないということです。

 

このような高額な教材の抱き合わせ販売をしている業者の目的は家庭教師を派遣することではなく教材販売だからです。

 

原価5教科で15,000円程度の教材を20万円、30万円以上で売るのですから困ったものです。

 

というのも、このような悪質業者は
「家庭教師」の派遣を理由にしなければ、こんな高額な費用がかかる教材を契約させることが大変なことを知っているわけです。

 

そこで、あくまで主は家庭教師で、従として教材が必要だと説明し、
何年分もの教材を契約させようとするわけです。

 

ですが、言葉では「家庭教師の授業指導に必要」と話しておきながら、
実際の、契約時には家庭教師派遣の『関連商品』ではなく、
あくまで『推奨商品』として契約させようとします。

 

実は、この『関連商品』と『推奨商品』では、大した違いがないように感じるかもしれませんが、
「訪問販売」として、クーリングオフの対象となるかどうかという大きな問題があります。

高額ローンを組ませることが目的の家庭教師派遣

関連商品なら「訪問販売」としてクーリングオフの対象となります。
なので7日間以内であれば中途解約が可能です。

 

あくまで家庭教師の派遣がメインで、それに付随するものとして、教材があるので、
家庭教師の契約を解約することで、教材も不必要となるからです。

 

 

ですが、悪質な業者はあくまで
「推奨商品」として、書面上、家庭教師の派遣とは別に記載して契約させることにより、クーリングオフ(中途解約制度)の適用を免れようとするわけです。

 

 

 

この「推奨商品」のような場合、契約上、家庭教師の契約と教材の契約は全く別のものとされています。
さらに悪質な場合、高額教材のローン契約だけさせて、家庭教師の契約書を交付しない場合もあります。

 

 

 

また、ローンを組む際、クレジットの契約書類には、『付帯役務 有・無』の「無」に印がつけられていることがほとんです。
これは、商品だけを販売しているという意味で、家庭教師の派遣契約はしていない純粋な物販契約ですよという意味です。

 

業者の目的はあくまで高額ローンを組ませることで、
クーリングオフ(中途解約制度)をさせないようにあの手この手を使って、契約書を包囲しようとします。

 

言葉では何でも言える。大事なのは契約書

さらに言葉では「教材の使っていない分はいつでも返却可能です。」とか
「教材テキストは最悪、いつでも解約できる。」と話しておきながら
「家庭教師の派遣とは別契約になっている」とか言って
高額教材のクレジットローンの残債数十万円が残ります・・・。

 

もちろん、悪徳業者は、高額の教材を販売(クレジットローン契約)することが目的なので
派遣される家庭教師の質は悪いことがほとんです。

 

というよりも、大体大学のアルバイトを急募して、何も教育せずに派遣させうのですから当然の結果です。

家庭教師選びに迷ったら


子供の成績は『ちょっとしたキッカケ』がつかめないために伸び悩んでいたり、
やる気を無くしてしまっているケースがとても多いです。

この最初のキッカケをつかめるかどうかで、
成績が伸びるかどうかが決まります。

そんなキッカケになるのが
あすなろの家庭教師体験授業です♪

なんと今なら120分間、無料でお試しできるんです。



只、この『あすなろ』にも残念ながらマイナスポイントがあります。
それは、『あすなろ』は東京 千葉 埼玉 神奈川しかやっていないんです。

その他の県、府、北海道に住んでいる人は
利用できないんです。

なので、もし東京 千葉 埼玉 神奈川県に住んでいるなら
ラッキーでしたね。


また何といっても今なら120分間、無料で体験授業ができるので、
家庭教師を頼もうかどうか悩んでいるならチャンスですヨ。

さらに詳しく知りたい方は、家庭教師あすなろのホームページを確認してみてください。
テキストの内容やどういった講義が行われるのか、など詳しく紹介されています。


矢印家庭教師あすなろの詳細は、こちらをクリック