家庭教師 月謝 支払い方法

MENU

高額なローン契約や事前のチケット購入を強引に勧める家庭教師派遣会社はダメ

通常、多くの家庭教師は件センターは月末に料金の銀行引き落としや振込みするところがほとんです。但し、法人契約ではなく、個人契約の場合には、毎回、教師への手渡しで支払うケースなどがあります。支払い方法は家庭教師派遣センターによって違いますので、契約前によく確認しておきましょう。

 

高額教材とセットの家庭教師派遣は要注意

尚、家庭教師の派遣センターの中には、あまりオススメ出来ない制度で行っているところがあります。
それは、教材とセットで家庭教師を派遣する会社の場合に多く、そのほとんどが高額なローン契約を結ばないと、家庭教師を派遣しないというものです。確かに塾に通えば、塾専用の教材費用はかかるので、家庭教師でも教材費用がかかるのかと、勘違いされる親御さんもいるのですが、通常、ほとんどの家庭教師派遣会社では、学校の教科書を元に学習指導を行います。

 

というのも、家庭教師を依頼するケースのほとんどが、学校の授業での成績不振から親御さんが申込むことが多いため、学校の授業で使っている教科書と同じ内容のものを、復習や予習をしながら進めることが必要だからです。

 

学校の授業と進行内容が違う、参考書や教科書を使うと、子供は混乱する可能性があります。

 

そのため、多くの家庭教師派遣会社では、学校の教科書を元に、必要な場合にのみ、市販の参考書を購入し、補足していく形態がほとんどです。

 

事前のチケット購入を強引に薦める家庭教師派遣会社も要注意

また、高額なローン契約に類似するケースでは、事前のチケット購入を強引に薦める家庭教師派遣会社があります。会社の利益を考えると、事前チケット購入は非常にメリットのある方法ですが、親御さんにはあまりメリットがありません。

 

事前のチケット購入で、半年分、または1年分を購入すると、30%割、50%割とメリットを業者から説明されるかもしれませんが、もし、そのような場合でも、半年間、1年間とお子さんの成績の様子や、先生との相性、家庭教師派遣会社の応対など、総合的に見てから検討しても遅くはありません。

 

というのも、家庭教師派遣会社がいきなり倒産するケースがあるからです。高額なローン契約や事前のチケット購入している場合、ローンはローン会社との契約であり、倒産しても残ります。チケットは、債権として残りますが、もはや只の紙屑になってしまいます。

 

つまり高額なローン契約や事前のチケット購入を強引に勧める家庭教師派遣会社は直近の収入が悪化している可能性があるため、決して契約してはいけません。

家庭教師選びに迷ったら


子供の成績は『ちょっとしたキッカケ』がつかめないために伸び悩んでいたり、
やる気を無くしてしまっているケースがとても多いです。

この最初のキッカケをつかめるかどうかで、
成績が伸びるかどうかが決まります。

そんなキッカケになるのが
あすなろの家庭教師体験授業です♪

なんと今なら120分間、無料でお試しできるんです。



只、この『あすなろ』にも残念ながらマイナスポイントがあります。
それは、『あすなろ』は東京 千葉 埼玉 神奈川しかやっていないんです。

その他の県、府、北海道に住んでいる人は
利用できないんです。

なので、もし東京 千葉 埼玉 神奈川県に住んでいるなら
ラッキーでしたね。


また何といっても今なら120分間、無料で体験授業ができるので、
家庭教師を頼もうかどうか悩んでいるならチャンスですヨ。

さらに詳しく知りたい方は、家庭教師あすなろのホームページを確認してみてください。
テキストの内容やどういった講義が行われるのか、など詳しく紹介されています。


矢印家庭教師あすなろの詳細は、こちらをクリック